できることを再発見!経験をいかした就職 サンヴィレッジ

就職者の声

TOP > 就職者の声 > できることを再発見!経験をいかした就職

できることを再発見!経験をいかした就職

私は、事故のため左下肢に障害を負いました。   それまでは調理師として勤務してきました。 しかし、足が悪くなってしまったため調理師を続けることを諦め、 デスクワークをしようと思い、合同面接会に参加するなど就職活動をしていました。 事務職未経験だった私はパソコンの知識があまり無く 就職活動も大変だな~と思っていた矢先、サンヴィレッジと出会いました。   最初は「就労移行支援?何それ???」という感じで 就労移行支援事業所がそもそも何なのか分かりませんでした。 「まぁ、まずは一度見学に行ってみよう。」と軽い気持ちで サンヴィレッジに見学に行くと、魅力に感じた事が2点ありました。     1つめは、何も分からない私に一から丁寧に説明してくれたり パソコンの資格取得も目指せることです。   2つめは、自分の居場所を見つけられたことです。 様々な方々が真面目に頑張って取り組んでいる姿を見て 私も一緒に頑張ろう!と思いました。     通所をし始め、色々な挑戦や発見、出会いがあり 自分自身が一回りも二回りも成長でき、 また調理師としてできることがあるということに気付くことができました。   その結果、また調理師として就職することが出来ました! 立ち仕事なので身体への負担は少なからずありますが、 配慮してもらえたり、定着支援等で話を聞いてもらったりと 何不自由なく勤務することが出来ています。   諦めないことが就職への第一歩だと思います。 皆さんも一緒にネバーギブアップ精神で頑張りましょう!!