夢だった接客業に就くことができました サンヴィレッジ

就職者の声

TOP > 就職者の声 > 夢だった接客業に就くことができました

夢だった接客業に就くことができました

いつも笑顔で物腰のやわらかいAさん。

学生生活中にサンヴィレッジを利用して、晴れて新社会人となりました。

 

「学校では教わることの出来ないことを、サンヴィレッジで学ぶことができた!」

と話すAさん。

インタビューで詳しく聞いてみましょう。

 

🚈=============================🚈

 

Q どんな仕事をしますか?

 受託されている駅の窓口で、お客様への接客します。

 夢の接客業につくことができました。

 

Q Aさんがサンヴィレッジに通うきっかけを教えてください。

 合同説明会で利用者の同行をしていた支援員さんと出会い、就労移行の存在を知りました。

 その頃、就活がうまくいっておらず、

「就活のいろはを学びたい」と思いサンヴィレッジの利用を決めました。

 

Q 就労移行支援事業所に通って良かったことはなんですか?

 多様なプログラムを受けられたことです。

 プログラムを通じて知らないことが沢山あると感じました。

 就労前にセルフケアを知ることが出来て良かったです。

 

 就労移行を利用していなかったら、

 自分だけでは調べることにも辿りつかなかったと思います。

 初めは興味がなかったのですが、プログラムを受けて自分をケアする大切さを学びました。

 長く働くうえで必要な内容だと感じました。

 「就職してからのこと」を考えるきっかけになりました。

 

Q サンヴィレッジで頑張ったことは何ですか?

 面接対策です。

 今思うと、サンヴィレッジの利用までの面接はダメダメした。

 支援員さんとの面接練習のおかげで、言葉がスムーズに出るようになりました。

 

 練習は家で単独でも行いましたが、

 いざ支援員さんとの面接練習では、頭が真っ白になっていました。

 対面での練習も回数を重ねることで、次第に話せるようになりました。

 

 企業の面接はリモートで行うことも多かったので、

 日頃のzoomを使った訓練が活きたこともとても良かったです。

 

Q 就職するまでの困難はありましたか?

 スケジュールと体調の管理が大変でした。

 学校などのプライベートと訓練、就活のスケジュールで

 いっぱいいっぱいになってしまった時がありました。

 支援員さんに相談して、スケジュールの調整をしていくことで乗り越えることができました。

 

 これまでは物事が重なると、頭がこんがらがってしまい

 いつも中途半端にしか、こなすことが出来ずにいました。

 サンヴィレッジでは支援員さんに一つ一つ積み上げていくことを教わり、

 ステップアップができたと思います。

 

Q 最後に訓練をした仲間や、

 これから支援を受けようと考えている方に向けて、一言お願いします。

 

 就活にあたり、道が分からない方は一度利用してみてください。

 自分自身だと何から始めたら良いか、何が合っているか分からないと思います。

 就労移行では順序だてて、物事を組み立てた就労へのサポートをしていただけます。

 

(在籍:川口センター)